京つう

  ショップ  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
旅の途中
旅の途中
京都紫野で厨房機器屋を営んでいるオヤジです。
鉄砲撃ちやクルマを愛する、まだまだ旅の途中のとっちゃんぼうやです。
ブログで好きなことを言うておりますが、読んでいただきありがとうございます。。。
< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
※カテゴリー別のRSSです
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2014年01月15日

厨房屋のオヤジと一人暮らし


今朝一番より自宅兼事務所の棟上げでした。

お天気が良かったので何よりで、建築業者や

不動産業者様も皆顔合わせして、何とか

建物の大きさや骨組みなどはおぼろげながら

見えて参りました。


「ゴールデンウイ―クまでには引き渡せます・・」との

お話でしたが、別に慌てている訳ではないので

「ゆっくりやって下さい」 と答えておきました。




お客様の店舗の現場合わせには
なれておりますが、弊店事務所の作事となると
戸惑うばかりです・・






それよりも、永年住んだ我が家への愛着が

有りまして、所帯を持ったのもこの家

3人の子供を大きくしたのもここです。

小生だけでも引っ越さずにここで一人で

楽しんでいようかな・・ などと

考えてはおりますが、中々それも不便の様で

踏ん切りが付かない厨房屋のオヤジです・・





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
代表 今石 信太郎
090-1900-2973
〒 603-8303
京都府京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075(417)2714
FAX 075(417)2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL   : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

  


Posted by 旅の途中 at 23:27Comments(0)よもやま話

2014年01月13日

厨房屋のオヤジと消費税・・


いよいよ連休明けには棟上げです。

第一陣の木材が搬入されましたが

どの様な感じになるのかが楽しみです。

しかし、原資が有って建てるのではなく

何とか、かんとかで無理をしておりますので

老骨には堪えます。



二軒隣への移転なら引っ越し料金も
安いのかな?・・などと小賢しい事を
考えておりますオヤジです




建って終わりなら気が楽ですが、

ご存知の様にこれからカーテンやエアコン

照明に家具類の購入と、頭が痛いです。

消費税の上がらぬ内にとは思いますが、

3月末には引き渡しとの工務店の話が

今は連休までにはとトーンダウンです・・


それなら消費税アップ前には諸々の

買い物は済ませて、後日に届けて貰おうか

などと、無い頭を捻っております。

こんな事を考えておりますと弊店も

物販に携わっておりますので、出来るだけ

ユーザー様のご要望には柔軟に対応

しなければと、何もかもが勉強の種に

なってしまいました。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
代表 今石 信太郎
090-1900-2973
〒 603-8303
京都府京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075(417)2714
FAX 075(417)2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL   : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

  


Posted by 旅の途中 at 11:57Comments(0)よもやま話

2014年01月10日

厨房屋のオヤジはとなりの国宝さん?


昨日は厨房機器の搬入の現場管理で、

本日は、税理士の先生に言われておりました

書類の準備が全然出来てなかったので、

昨年分の出納を整理しなけらばなりません。


また、来週早々には工務店との打ち合わせや

棟上げが控えておりまして、心中気忙しい中

電話が鳴りました。



取材されたらシールを下さるらしく
少し心揺らいだオヤジでした・・
今度来れば永ちゃんの歌でも
聞かせてやろうかなァ~




関西TVの、となりの国宝さんと言う番組ですが、

北野天満宮辺りで取材をしていると、

「ちょっと北へ上った所に厨房屋の面白い
厨房屋の大将がいはりまっせ~」

こんな話を飲食店で聞きましたから取材に

お伺いしてもよろしいでしょうか?

この様な内容でした。


「折角ですが、今はあきまへんわ~
頭がウニになるくらいに忙しいンです。
TVに出して貰うのは嬉しいですが、連休明け
になりませんと時間が有りません・・」

「そうですか・・ それでは是非とも次回には
必ずお電話させて頂きます」

こんな調子でした。


小生は喋りだすと、調子に乗って何を

言い出すか判りませんので、

内心は少しホッとしております。


トっちゃん坊やと言いますのはお調子者です。

ミーハーなオヤジなのです・・

♪ オッ、おっ、俺の  俺の話を聞けェ~♪







※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
代表 今石 信太郎
090-1900-2973
〒 603-8303
京都府京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075(417)2714
FAX 075(417)2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL   : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

  


Posted by 旅の途中 at 09:56Comments(0)よもやま話

2013年09月21日

厨房屋のオヤジの引っ越しは・・


ここ数日間はお隣の家の解体と

造成工事のせいで結構な騒音でした。

この前までは反対隣の同じような工事で

少々慣れてはおりましたが、それも

今日で終わった様です。

新しい家が建つのでしょうね・・



もう63歳・・
アッと言う間に年金です
自分の事とは中々ピンときませんが
最近は足腰がそっと教えてくれます



実は、我が家は玄関前が5段ほどの階段で

うちのカミさんが、

「お父さん、歳をとると毎日の階段が
大変だから、フラットな家にしようよ」

などと言っておりまして、すでに歳をとっている

小生もその辺りは何時も感じておりました。


隣も盛り土をとって平たな家にするなら

少々無理をしてでも引っ越そうかな・・
(引っ越しと申しましても隣ですが)

などと思案の最中です。


しかし、このご時世は何をするにも

先立つものが必要ですから

中々思い立っても、そうは簡単には

いかないのが頭を悩ますところです。

そうだ! 宝くじでも買って見ましょうか・・





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
代表 今石 信太郎
090-1900-2973
〒 603-8303
京都府京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075(417)2714
FAX 075(417)2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL   : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


  


Posted by 旅の途中 at 21:46Comments(0)よもやま話

2012年09月25日

糖尿病での入院・手術・・


来月の1日より糖尿病の治療の為の

検査入院をしますが、期間は7~10日との事です。

それから一旦退院しまして、手術日が決まれば

連絡が有り、手術日の一週間前からまた入院です。

術後は二週間で退院の予定との事ですが、

予定より早くの退院は無いそうです。




厨房屋のオヤジですが、また元気になって
ポインターの子犬でも入舎させて、頑張って
猟野を歩きたいものです・・



糖尿病で手術と言いますのも変な話ですが、

どうやら頭の中の、脳下垂体の調子が悪いらしく

その肥大部分を取り除く手術です。

少々ビビッておりますが、家族が心配して

くれますのでやって見ようとなりました。


生来の腰抜けの痛がりで、怖がりの小生ですから

自分だけなら絶対にこんな恐ろしい事は

するつもりは有りません。

でも人間は人の為になる事なら何処からか

力が湧いてくるものなのですね・・

これも人に生かされていると言う事でしょか・・






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
代表 今石 信太郎
〒 603-8303
京都府京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075(417)2714
FAX 075(417)2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

  


Posted by 旅の途中 at 10:00Comments(0)よもやま話

2012年07月17日

大津市の事件について思う事・・


大津のいじめの事件がTVや新聞などで

毎日の様に取り上げられております。

亡くなった少年やご家族の無念さを思うと

小生の様な者でも心がかき乱れます。




オッチャンは怒っております



学校や教育委員会の無責任さには

あきれ返る思いですが、この無責任さが

少年を自殺まで追い込んだだけに留まらず

今現在でも自分たちの保身で何処までも

逃げようとする浅ましさを表しております。


何ら自分たちの職務に対するエネルギーを

使わずいたずらに報酬を貰い、当たり前の

対処を怠らなければ被害者のみならず、

加害者をも生まなかった!

この様に思うのです。

但任教師は雲隠れ!


この期に及んでの、この無責任さが今回の

事件のそもそもの発症の因で、事件後は

平気でこれまで職務についておりながら

PTA説明会には顔を出さずではいかにも情けない!

校長曰くの
「察してやってほしい、自分が欠席させた」

などと、何を察するのか? 何か出席して

苦し紛れに何か学校に対しての都合の悪い発言を

されたら困るのか!

出席しなければならない場所にでも、自分の都合が

悪ければ欠席する!

これじゃあ見て見ぬふりも、 知って知らぬふりも

毎日平気で、ずっとしていた人間なのだなと

よくよく教師失格の者だと判りました。


今回は、責任を取れない者が責任有る地位や

立場に居てはいけないと言う最たる事件でした。

学校、校長、但任、PTA、警察と、

地域の諸々の問題も有るとは聞きますが、

各当事者が自己責任の自覚も、責任を取る能力も、

何も無いのでしょうね・・

ただただ、亡くなられた少年の為に祈るのみです・・




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
代表 今石 信太郎
〒 603-8303
京都府京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075(417)2714
FAX 075(417)2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

  


Posted by 旅の途中 at 10:00Comments(0)よもやま話

2010年11月30日

福岡県への業務用三温庫


福岡県のレストラン様からのお見積りで

タテ型4ドアの三温庫です。



家庭用では当たり前ですが、業務用では

この商品だけになりまして、1台三役で

非常に便利な商品です。


これでなければ! と言われる

ユーザー様も多いです。





定価1,462,650円、 弊店販価321,783円
勿論新品で、消費税も送料も込みです
商品名は、ホシザキタテ型4ドア三温庫
RFC-120X



幅1200×奥行き800×高さ1890(mm)で

単相100Vの968リッターです。



冷凍室は ー20℃以下

冷蔵室は -6℃~+12℃

チルド室は -5℃~+3℃



奥行き650(mm)や3相200V仕様も御座います。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




  


Posted by 旅の途中 at 22:01Comments(0)よもやま話

2010年05月06日

赤穂浪士は・・


先日も書きましたが、

細川護煕元首相のご先祖の細川家が

700年にわたる文物や重文を残されている

永青文庫は大変貴重なものですが、


また700年も続いた御当主の肖像画が

全部揃って残っているというのは

欧州でもないそうです。





寒い雪の中を、鉄砲を持って歩いておりますが、
犬の話や獲物の事、今日の天気ばかりが話題では有りません。
たまには格調の高い(嘘ですが)話もしております。
本当は食い物の話ばかりです。
だってお腹が減るのです。



古文書の中には有名な、吉良邸討ち入りの際に

赤穂浪士が上野介に間違いないと確信したのは

眉間の傷ではなく、


着物にたき込めた特別のお香の香りだったと

書かれているらしいです。



面白いですね~

日本の、700年も前からの真実、

歴史に埋もれたそれまでの史実、

私は思いっきり時間が有るので一日中

文庫に籠って本の埃を落として見たいものですが、


あいにくと古文が読めません。

中々晴耕雨読とはいかないようです・・・










※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




















  


Posted by 旅の途中 at 21:04Comments(0)よもやま話

2010年04月30日

宮本武蔵


昨日も、毎日読んでおります地方紙に

12年前に民主党を立ち上げられた細川護煕さんの

記事が掲載されておりました。



唐突に首相を引退されましたが、小沢氏との確執が

有ったとは誰しもが知っているところでは有りますが、



現在は祖父の護立氏が1950年に設立された

「永青文庫」の理事長を務めておられるそうです。



細川家の文物収蔵コレクションは膨大なものとは

小生の様な野人でもよく存じ上げておるところですが




ウーン、ムニャムニャ・・
そう言えば、宮本武蔵は拙宅の近所の十二坊寺でも
吉岡一門と決闘をして、相手の大将を斬ってから
玄琢の光悦村まで走って逃げたと聞いておるぞ・・
少々坂道だけどなァ



氏のお話では、かの剣豪宮本武蔵はご先祖の忠利公に

仕えておりまして、かの巌流島での佐々木小次郎との決闘は

門司城代の沼田延元たる人物が克明な記録を残し、

それによりますと、武蔵が立ち去った後に門弟が

現場に参りますと、小次郎が息を吹き返した。



復習をされたら大変と、門弟達がとどめを刺したと記されている。


徳川の265年間、担当者が欠かさずに日記をつけている。

この様な事を書いておられました。

面白いですね~

司馬遼太郎さんもよくおこしになって面白がってらした

との事らしいですが、

いやあ~、これが本当の史実だとしたら

本当に興味が有りますね。



しかし、この門弟達は誰の門弟なのでしょうね?

話の流れでいくと武蔵の門弟なのでしょうか?


それとも門司城代の・・・

この辺りを一生懸命に考えますのも

歴史のロマンですね~









※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



















  


Posted by 旅の途中 at 21:04Comments(0)よもやま話

2010年04月28日

一人ふらふら天神さん・・・


毎月25日は、近所の北野の

天神さんの縁日でした。



久し振りに良い天気ですから

歩いて詣でて見ました。




カミさんは15分で歩けると申しておりますが
私はもっとかかりました。電動自転車で行けば良かったと
悔やみましたが、体の為と言い聞かせて歩きました。
往復で自動販売機のお茶を3本飲みました。
もう暖かいのでフラフラです。



たくさんの屋台などが並んでおりますが、

骨董の店も沢山有りまして

私などは訳も判らず眺めております。



別に、骨董に興味が有る訳ではないのですが、

みな、それぞれに物語があるのだろうな・・・

などと思って見ておりますと面白いものです。



魏志倭人伝などにでて参ります様な銅鏡が、

土をかぶった様な状態で二枚ほど並べておりましたが


本物なのでしょうか?

何かワクワクしましてスリル満点です。


「おッ! この壷は時代が有るな、それも良い時代が・・・
買って帰って違い棚にでも飾っておくかァ~」


などとは新しいハッタリで、

違い棚から購入しなくては何も有りません。

また今度、 見に行こうっと







※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


















  


Posted by 旅の途中 at 21:02Comments(0)よもやま話