京つう

  ショップ  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
旅の途中
旅の途中
京都紫野で厨房機器屋を営んでいるオヤジです。
鉄砲撃ちやクルマを愛する、まだまだ旅の途中のとっちゃんぼうやです。
ブログで好きなことを言うておりますが、読んでいただきありがとうございます。。。
< 2009年07>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2009年07月31日

不易糊の香りには・・パート①


不易(フエキ)糊、

今はスティックで以前はチューブ、そして懐かしい

子供の頃の瓶か、プラスティック容器に入っていた頃。

今でもその香りは一緒で、封筒を閉めるのに塗ると

懐かしい昔の思い出が甘味に蘇ります。



形や材質は変わっても、この香りは昔のままです。
私にはうっとりとする懐かしいものです。



ある日突然の朝に4年生の教室に、教育実習の女の先生が来られ、

教壇に立って生徒に挨拶をされました。


私は黙って上目使いに先生を見ていますと 後ろで

「フッフフ、エへへ・・フフ・・・フ」

山下修平が 下を向きながら照れ笑いをしています。

本当に止まらない照れ笑い です。

後ろを見ながら変な奴だなと思いながら、また前を見て

先生の話を上目使いに聞いている私がそこにおりました。

あとで修平君に聞くと、何だか判らずに照れているのか、恥ずかしいのか

嬉しいのか 初めての経験だった と言っておりました。


私のクラスでは 母親がいないのは、私とこの修平君二人でした が、

母親なしは私の方が年季が古く、一年生になる直前に亡くしてました。

修平君は三年生のときですからまだ一年前です。


決して別嬪さんの先生では有りませんでしたが若く、優しそうな方でした ので

修平君は照れていた のだと思います。

僅かな期間でしたが、私たち二人にはよく気を配って下さった と

昨今になって感じます。

それは今でも不易糊を使う度に必ず思い出してしまうからです。

次回はもう一回だけこの時の事を書かせて下さい。





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)旅の途中

2009年07月31日

安いので中古品と思われがちです。


台下冷蔵庫はコールドテーブル とも言いまして、

テーブル型冷蔵庫 とも称します。

私共厨房屋はただの 台下 と言いますが、台下の

冷蔵庫か冷凍庫、もしくは冷凍冷蔵庫と、 あとに続きます。



幅は630のワンドアから2100(mm)の4ドアまで色々です。
奥行きは450・600・750(mm)と揃っております。



天板が作業台や調理台代わりになりまして、配膳台としても

有効で、ガス器具や色々な物もおけまして、ほぼ100%の

飲食店様でご使用
頂いております。

しかし、弊店では 新品で79%OFFで販売 しておりますが、

よく、 「その価格では中古品ですよね?」 と言われます。

確かに利益の出ます販売価格では決して有りませんが、

まだまだ頑張って参ろう と思っております。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



















  


Posted by 旅の途中 at 00:02Comments(0)厨房機器の話

2009年07月30日

捨てるより捨てられる方がましです・・・


ダストテーブル

真ん中に穴が あいておりまして、

出たゴミやくずをそこから ドンドン下に落とします

下にはゴミ袋を入れたバケツを置いておけば、後は括って

捨てるだけです。



丈夫で清潔なステンレス製です



このテーブルの両サイドに作業台を置けば、両方から

出たゴミをドンドン下に捨てられます。


調理場だけでなく、農家の作業場や民宿の軒下 

魚や野菜の下処理 には大活躍です。





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)厨房機器の話

2009年07月30日

たくさん炊くと美味しいぞー。


厨房の中の炊飯台 です。

下の段は引き出して使えます、と言うより

炊飯器を乗せまして、炊き上がれば引っ張り出し、

天板に乗せた保温釜に入れ替えます。




丈夫なステンレス製で、下段にはキャスターが付いて
おりまして、押し引きが楽です。



空になった炊飯器はまた下段で炊き、その頃には天板の

保温釜が空になってまた入れるというサイクルです。

中々便利な物でして、必ずしも炊飯や保温の用途だけには

収まりません。





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



















  


Posted by 旅の途中 at 00:02Comments(0)厨房機器の話

2009年07月29日

伊豆は人も郷も温暖なところです。


上火焼き物器、

昨日にオープンされました居酒屋さんで

静岡から送られて来たという アジの干物 を焼いて

頂きましたが、その 美味しさに少し感激 しました。

どうしても京都に住んでおりますと、若狭の魚や

瀬戸内のもの が美味しく感じて参りましたが、中々どうして

いけますね~。



上火式はスピーディーにムラなく美味しく焼き上げますが、
鯛で12分、うなぎやさんまは4~5分です。



「大将、買って頂いた上火焼き物器がいいのかねえ?」

「へん!腕と魚だよゥ! 静岡の魚は結構美味いんだ」

「えらいスンマヘン、そう言えば伊豆の北条と言って昔から
温暖な所で、昔から山の幸、海の幸に恵まれて繁栄したんだよな」

「オウよ! 黒潮よ」

「ホンマかいな、言うたもん勝ちと違うやろね~」


酔うと何時もこんな調子です。


鯛やマスに鮎やアジ、さんまにシャケにうなぎ と面白い様に

美味しく焼けて、 貝や鳥もも まで見ている間です。

私の様な 厨房屋はこの機械をサラマンダー と呼びますが、

火を上手に使う調理人さんは何事も上手 な様です。

おまけにお話し上手です。





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)厨房機器の話

2009年07月29日

丈夫で便利で堅牢です


引き戸付き調理台 (作業台)は

天板で行う作業 (調理や配膳、盛り付け、etc) などの

効率化と収納化、及び衛生化にはかかせない商品 です。

鉢や皿などの厨器だけにとどまらず、学校では実験道具や

作業所などではご使用の道具類や小物など、大切な物の

保管、保存 などには非常に便利なものです。

勿論 引き戸内には棚板も付いております から収納には

抜群の重宝さです。



清潔、丈夫、便利と全てがここに有ります。




写真の様にウオーターガード(水切り)が無く、フラットで

奥行きの深いものは向こうにも引き戸が付いており、両方から

対面で作業出来るもの も有ります。

飲食店様だけにとどまらない一生道具 がここにも有ります。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



















  


Posted by 旅の途中 at 00:02Comments(0)厨房機器の話

2009年07月28日

蒸し物は美味しくて品がよろしいですね。


蒸し器のセイロタイプ ですが、

飲食店様だけに限らず、病院や学校、給食センター

公共施設など、大量調理や大規模厨房で活躍して
おります。

ガス式や電気式で、軽量コンパクト設計です。



電気式にガス式、大小色々です。



最近ではデパートやスーパーの惣菜コーナーへ

販売させて頂きましたが、各種催し物やイベント会場での

実演販売などでも最適です。


蒸す というのは各有る調理法の中でも何か贅沢な感じ ですね。

焦げ目が付かず、中まで熱々でみずみずしいのが最高です。

蒸し物は品がよろしいです。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)厨房機器の話

2009年07月28日

汗、かきましょうよ・・


冷凍麺専用釜 ですが、

昔に冷凍麺が販売されただけで吃驚しましたが、

食べてみて美味しかったのでよく冷やしや熱うどん を

自分で作って食べてました。

最近ではよく 麺処さんでも冷凍麺を使っておられます が、

保存が効くので無駄がなく、その分をお客様に還元出来ます。

と言うよりも、手打ちよりはるかに美味いお店が沢山有りますよ。

勿論、冷凍麺専用釜で上手に茹でればこしが有ってにっこり です。



標準付属品の茹でカゴで大小の泡が冷凍麺を素早く
ほぐす様に出来てます。冷凍麺は解凍から茹で上げまでを短時間で
一気に調理するのがコツ!です。




鰹と昆布の美味しいダシで、キザミ葱をちょっとのせ、

一味か七味を振り掛ければ

「うどんか、ダシか、どっちが大事だー!」

などと野暮な田舎話はそっちのけでズ、ズ、ズズーッといけば

「よくぞ男に生まれけり」 ですな!

汗、かきますよ・・・




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
  


Posted by 旅の途中 at 00:38Comments(0)厨房機器の話

2009年07月27日

F君の思い出、パート②


F君の話では昔にこんな事が有ったから高校でクラブに

入ったと、以前の同窓会で話してくれました。それとは・・

中学の頃の英語の授業で

何時もシェークスピアなどを朗読し、あとで解説までされる

熱心な男の先生がおられました。

時には涙を流し、その感激を私たちに伝えて下さいます。

流石に 「ロミオー、ロミオー」 の時だけは閉口しましたが。

ただ、その感激が人に拠っては違うものだと感じさせて

頂いたのもこの先生でした。

最近の、何も感じさせない教師とは大いに違う所でしょう。

良きも悪しきも何かを訴えて下さる のはやはり有り難い事です。



夢は寝てから見ろと言われますが、起きて見る夢も有ります




ある日の授業でプリントされた英文を次回まで和訳してくるよう

宿題を出されました。

悪童の小生は何もせずに、当日にクラスの連中の宿題を写させて

貰っておりましたが、色々な訳が集まり、どれが正解か分からずで

これは、答えを 先生が回答されるまで楽しみ と思ったものでした。

そして英語の授業になりまして、結果を先生が話されますが、曰く

●昔、イングランドとウェールズの伝統的なラグビーの
定期戦は、両方の熱狂的なファンの中で、選ばれた誇り高き
選手たちが命懸けで戦った有名な試合なのですが、ある年の
試合ではイングランドの選手の反則を得て、ウェールズが
勝ちました。

その時に反則を犯したイングランドの選手の落胆や、ファンの
怒りは相当なものだったそうです。

何年か経ち、第一次世界大戦に参加した英国はドイツと
戦いましたが、ある戦場で、敵弾に倒れた英国兵に戦友が
「何か言い残す事はないか?」 と尋ねました。

虫の息の兵士は
「実は自分は、対ウェールズの第何回のラグビー定期戦の代表
だったが、あの試合で自分は決して反則は犯してない。審判の
ミスジャッジだったのだ。

しかしスポーツマンとして自分は、決して意義は唱えなかったが、
最後の言葉として君に聞いて貰った」

この様に美しいスポーツマンシップや、フレンドシップという
気高い魂を持って人間は生きて行きましょう●


この様な和訳をされて自分でも泣き出さんばかりの感激を
私達に伝えて下さいます情熱的な先生でしたが、

生意気な15歳の私は、

「先生、違うと思います。この英国人は変です。日本人だったら死んでも
言わないのと違いますか? 死ぬ間際まで言わなかったのと、
死んでも言わないのとはどちらが魂の問題ですか?
英国と日本では魂の差はあるんですか?」


隣には F君が座っていて、ニヤニヤしながら見て います。

「こら!お前だけは何時も屁理屈を捏ねおって、分からん奴ちゃ!
どちらでも穢れの無い志が有ればそれでええんやー!」


何時もこんな調子で先生に怒られるのですが、F君はその時の事を

今でも覚えていると言い、高校でラグビー部に入ったのも

「案外とそれが影響してるぞー」 なんて言ってくれました。

F君の葬儀の際に、一人娘のご主人もラガーマン と聞きまして、

きっと良い魂の持ち主で有ろうと念じる ばかりです。





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)旅の途中

2009年07月27日

F君の思い出、パート①


今春に同級生のF君が亡くなりましたが、

ウトウトと昼寝の中で夢を見ました。



快食快眠ですが、昔の夢をよく見ます。
きっと歳のせいでしょうね。



F君は高校から大学までラグビー をやっておりまして、

どちらが縦か横か分からない様な良い体の持ち主でしたが

米国ではその様なタイプを「冷蔵庫」 と呼ぶらしいです。

もっとも「冷蔵庫」とは、スラングでは用心棒の事 らしいですが、

家庭でも冷蔵庫はその家の用心棒 ですから面白い仇名ですね。


我々の中学ではクラブが無く、高校からラグビーを始めた ので

キャリアの有る連中との中でF君は結構苦労した様です。

一人娘の結婚後、一年も経たずの他界で孫の顔も見れず

残念だったろうとは思いますが、急な心臓発作でアッと言う

間だったとの事でした。


同窓会などで顔を合わして話を聞くと、トライを上げる様な

格好の良いポジションではなく、何時もスクラムの最前列で

歯を食い縛ってプレーする との事でした。

ラグビーを始めてから最後までそんな調子 だったのでしょう。


最後に会ったのが5年くらい前 で、四条河原町の辺りで飲食店様に

厨房機器の搬入で立ち会っていた時です。

何か見た様な奴が歩いて来るな、と思っておりますと

F君 「よう!」

小生 「どうや!」


二人とも何時もの通りの阿吽の呼吸です。

夕刻過ぎですから部下と一緒に何処かへ行くのでしょう。

F君 「えらい事やっとんなー」

小生 「おう、力仕事よー」

お互い「それじゃーまたな」


これが F君との最後の会話 となりましたが、

印象に残っているF君との中学の思い出を次回でまた

思い出したいと思います。





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



















  


Posted by 旅の途中 at 00:02Comments(0)旅の途中