京つう

  ショップ  |  北区

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
旅の途中
旅の途中
京都紫野で厨房機器屋を営んでいるオヤジです。
鉄砲撃ちやクルマを愛する、まだまだ旅の途中のとっちゃんぼうやです。
ブログで好きなことを言うておりますが、読んでいただきありがとうございます。。。
< 2009年12>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2009年12月31日

福井県金津の雉撃ち


本年最後の雉撃ちに福井県の

金津方面へ行って参りましたが、やはりこの歳では

日帰り猟はキツイです。



京都府下でしたら近くて楽なのですが、

ゲーム(狩猟対象)が薄い(少ない)のです。




オレゴンのフェザーフィールドで、後ろに見えますのは煙草工場・・
とは真っ赤なハッタリで、福井県は芦原近辺です。
少々重たいですが、レミントンのM1100の自動ショットガンで
頑張っておりますのは、この銃は誰でも当たると聞き、
若い頃に購入しました物ですが、何故か私は当たりません。



武生市や鯖江市などは雪が残っておりまして、

雉撃ちの体をなしませんが、福井北や金津まで参りますと

地面に残っている雪は有りませんでしたので

何とか雉撃ちのスタイルが保てます。



それでもやはり、犬によりましては猟果も変わって参りますが、

最近は鳥に強い犬が少なくなりました。


犬の素質もさる事ながら、訓練もされてない犬が多いようです。


最近は心に沁みる猟ができないのもその点に有ります。


ゲームは獲れれば良いのではなく、

どの様に獲ったかが職業猟師ではない我々の

スポーツマンの狩猟なのですが・・・・









※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




















  


Posted by 旅の途中 at 21:02Comments(0)鉄砲撃ちの話

2009年12月31日

冷蔵ショーケース


28日に、本年最終の納品が終わりました。

メーカー製造工場出荷部も今日から正月三日まで

出荷も止まり、在庫確認のPCも作動しません。



正月4日からまた、出荷手配の受付などの業務が

始まりますが、初荷の出荷もこの日からです。




スイング扉の冷蔵ショーケースですが、お客様に
庫内を見て頂く事は重要です。見るインパクトは強力なのです。
商品名は、サンヨー冷蔵ショーケース SMR-SU120R



186リッターで単相100V, 対応温度は+3℃~+10℃、

幅600×奥行き585×高さ1540(mm)で庫内は4段ですが、

この冷蔵ショーケースを、上賀茂神社近くの飲食店様へ

納めましたが、きっと年末年始で活躍してくれます。



入り口近くに設置しまして、ビールとグラスが冷えていますと

私などはどうしても、


「とりあえずビール!」 などと


喉をゴクゴク鳴らしながらの注文です。

夏場は当たり前ですが、寒いときでもチンチンに冷えた

ビールは 美味いんですよゥ・・・










※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)厨房機器の話

2009年12月30日

猫又


(前回の続きになります)

昨日に北陸の狩猟行から帰宅しましたところ、開口一番カミさんが

「Tさんの猫が死んだんだって・・・」

「エエッ!跳ねられでもしたのか! 最近はヨボヨボとしとったぞ」

「そうではなくて、調子を崩していたらしく、二週間ほど前に死んだそう。
今日に奥さんが町内の事で来られて、猫が付いて来てないから
尋ねたら、泣きながら話して下さったけど、私と二人で30分ほど
泣きっ放しだった」


「そうか、やっぱり調子が悪かったんだ」





ボスにやられてショゲている訳では有りません。
大嫌いな散髪と風呂に入れられまして怒っております。
チンチラ、シルバーはすぐに毛玉が出来るのです。



カミさんの話を聞きますと、Tさんの奥さんが椅子に座って

朝一番の紅茶を飲んでおられたところ、足元にニャーと

まつわり付いてきたらしく、もうその時分では膝に飛び乗る

元気も無かったらしいです。



抱き上げて膝に乗せますと、嬉しそうに「ニャー」と言って

すぐに丸くなって30分ほど寝ておりましたら、二度ほど足を突っ張り

またスヤスヤと眠ってしまった様子だったが、

そのまま息を引き取ったとの事でした。


その日は、そのまま朝から暗くなるまで膝で抱いてやり、

翌日に息子さんに電話して、庭に穴を掘って貰って

埋葬されました。



そんな話を聞いておりますと私もすぐに泣くのです。

我が家のブーちゃんがニャーニャーとまつわり付いて甘えますが、


「お前は絶対に猫又になれよ!」


なんて言ってしまうのです。

ボスヨ、マタドコカデウマレタラ、スグニオクサンノ

ヒザニカエッテクルンダゾ・・・












※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















  


Posted by 旅の途中 at 21:02Comments(0)居候猫

2009年12月30日

38歳猫の話


(前回の続きになります)

普通の猫の倍くらい大きくて、真っ黒で、赤い首輪の猫ですが、

まがう事無く近所の大ボスで、これが表で大喧嘩をしますと

拙宅の、チンチラシルバーのブーちゃんなどは怯えて

自分のハウスから出て参りません。





我が家のチンチラ・シルバーの、箱入り息子のブーです。
ボスの黒猫とはご近所同士ですが、一度も顔を
合わした事は御座いませんが、そりゃーァもう男としての
格が違います、格が・・・



しかし、迫力満点のこのボスが、12月の始めに見ますと

えらく小さくなって、毛並みも赤茶けてみすぼらしくなって

飼い主のご婦人の家の垣根の石でチョコンと座っておりました。



「おい、体の調子でも悪いのかい?」

声を掛けて見ましたが、反応は鈍い様です。

「ご自慢の赤い首輪がゴソゴソになっちまったな」

言ってるうちに 「ニャー」 と一声鳴いて

家の奥に入って行きましたが、これがボスとの

最後の別れとなりました。

次回も続く。









※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)居候猫

2009年12月29日

38歳の猫


ご近所に大きな黒猫がおりました。

真っ黒な体に赤い首輪をして目立つ事この上なく、

界隈では間違いのないボスでした。


しかし飼い主のご婦人には甘えて甘えて、犬の様に

買い物へ行かれるのも付いて行きます。


でも、やっぱり猫ですから200メートルほど参りますと

それ以上は付いて行きませんが、そこでご婦人のお帰りになるまで、

道の真ん中でニャーニャーと鳴いております。





我が家のチンチラ・シルバーの、写真のブーちゃんとは
格の違う大物で、大きな声では申せませんが、この辺りで生まれる
子猫の父親は100%この黒猫と噂されておるボスです。



今秋頃も、拙宅に町内の御用で来られました際には

玄関まで付いて来ておりました。

「何歳になるのですか?」

「そうですね・・ 38歳くらいにはなってます」

「エエッ! え~、 さん、さん、三十八歳ですと!!」

「ハイ」

「ギネスに載ると言うよりも、猫又も近いですね~」

「いいえ、まだまだですよ」


驚きましたので、その日のうちにカミさんに言いますと、

最近、少しの認知症がお見えになってるとの事でしたが

軽く15歳にはなっているらしい堂々たるボスです。


後日談は次回に









※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















  


Posted by 旅の途中 at 21:02Comments(0)居候猫

2009年12月29日

京の七口


本日に、何時もの珈琲店でお会いします紳士が

京の七口について教えて下さいました。


これが、と言う風には決まってなくて、時代によっては

若干の相違も有ったらしいのですが、一般的には

粟田口、東寺口、丹波口、鳥羽口、鞍馬口、大原口、荒神口が

七口と言われているそうです。

私などは、粟田口や千代原口なども入っているものと

思っておりましたが、荒神口の先には粟田口

丹波口の先には千代原口ですからずっと手前で

口の名が付いたのでしょうね。





北大路の今宮神社参道辺りから登りますと船岡山の
古戦場跡の立て札が有りますが、少ししか登って
おりませんのに私には大汗ものです。



別に七ではなくとも良いらしいですが、「七」は陰陽道で良い数らしく

七草粥,七福神,七五三,親の七光りなどのノリとの事でした。



私の住まいの近くに、「史跡、船岡山公園」 が有りますが、

ここは小高い山になっておりまして、双ヶ丘や吉田山と一緒で

市内に三つ有る山の一つです。



千年の都は船岡山を基準に出来たのですが、此処にも

上り口がやはり七つ有るのだろうかと思いまして

数えて見ましたら六箇所でした。


見落としが有るのかどうかが判りませんが、

近所の事をよく知らないと言いますのは

昔からの、京都のオッサンの


特徴です。










※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※






















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)厨房機器の話

2009年12月28日

釘抜き地蔵


自宅から千本通りをのらりくらりと歩きますと

5分くらいで 「釘抜きさん」 が有ります。



別に工務店や大工さんではなく、「釘抜き地蔵さん」とか

色々な呼ばれ方で、遠方よりはるばるご利益を得ようと

たくさんの人がお見えになるお寺の愛称です。




千本通りに面しておられますが、間口が狭く
ついつい通り過ごしてしまうほどですが、
ズズーッと奥まで行かれて煩悩を抜いて下さい。



痛みや悩み、忘れられない人への思いや

自分の性格の頑固さなど、抜くに抜けない事が

人間には沢山あるのでしょうね・・・



この身の辛さはその人しか判らない事です。


私も酒と煙草と気の弱さを抜いてくれ~ と、



一回行ってみようかな・・・


アナタニモ、ヌイテホシイモノハアリマスカ?

ヌカナイデ、ダイジニモッテイルコトガタイセツナコトモ

キットアリマスヨ












※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※






















  


Posted by 旅の途中 at 21:02Comments(0)よもやま話

2009年12月28日

猟犬競技会


鳥猟犬の競技会なるものが御座いまして、

我々はトライアルと称しておりますが、

各ハンターがご自慢の愛犬の覇を競うのです。



皆、犬自慢にはキリがなく、ここら辺りで自己満足ではない

本当に良い猟犬を選出しようじゃないか! と言うことで

随分むかしから行われております。





若い頃ですが、競技会の会場です。
役員さんと一緒の写真です。



欧米では100年以上前から開催されて、チャンピオンなども

おりますが、こう言うイベントが有ったればこそ良い血が

次代に受け継がれて参りました。



まあ、車で表現しますところのF1のようなもので、

入賞した犬は高く評価されまして、その子や孫が

実猟のフィールドで活躍しております。












※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)鉄砲撃ちの話

2009年12月27日

金閣寺


私の住まいは丁度金閣寺と大徳寺の中間で、

両方共に、ゆっくり歩いて10分ほどです。


昔は両方を画する垣根が有った辺りと聞いてはおります。

両寺は隣同士だったのですね。




大徳寺はんは近所です。




確かにご近所でも、家は自分の物だが、土地は

金閣寺の物とか、大徳寺の土地とかがやたら多いです。




しかし、私は不調法者で、両寺ともの由来や知識は

持ってはおりません。





金閣寺はんどすか?こちらも遠おまへんえ~



「何でも知っている馬鹿がいる」 と、内田百聞が言ってましたが、

知的メタボリックになるな! と言う事なのでしょうか?



それとも、知るほどの事でもない事を

知っても意味の無い事を、知った所で、話までしなくてもよい、

という意味なので


有りましょうか?













※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※














  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)よもやま話

2009年12月26日

初荷


本日にお問い合わせを頂きました商品ですが、

タテ型の6枚扉の冷凍冷蔵庫です。



2冷凍室×504リッター、4冷蔵室×1067リッターで

合計1571リッターの単相100Vですが、


3相200V仕様も御座います。




大事にご使用頂ければ10~15年は大丈夫です。
業務用は丈夫で堅牢さが取り得ですが、この機種はインバーター
機能搭載で、従来機種の約40%省エネ仕様です。
商品名は、星崎タテ型6ドア冷凍冷蔵庫
HRF-180XF



中々の収能力でお役に立ちます商品ですが、

サイズは幅1800×奥行き800×高さ1890(mm)。

重量は234Kg、 梱包時は251Kg有ります。



搬入、設置や既存商品の持ち出し、持ち帰り処理も

承っておりますが、メーカー作業班によります作業は

安心の一言で、速やかな手順ですからご安心下さい。


こんな商品を設置しますと


厨房の中がキュッと引き締まります。











※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※






















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)厨房機器の話