京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
旅の途中
旅の途中
京都紫野で厨房機器屋を営んでいるオヤジです。
鉄砲撃ちやクルマを愛する、まだまだ旅の途中のとっちゃんぼうやです。
ブログで好きなことを言うておりますが、読んでいただきありがとうございます。。。
< 2017年12月 >
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2017年11月23日

業務用冷蔵庫の詰め過ぎご注意・・


今朝一番に青森からのお電話で

「8年前に購入した台下冷凍冷蔵庫が
急に冷えなくなったが、前と同じで
目いっぱいの入れ過ぎですかな?」


「お話をお伺いしておりますと、昨年と
同じと思いますよ・・ 相変わらず入れ
すぎていらっしゃるのですね。基本的には
リッター数の80%が冷やす能力の限界
なのです。一杯いっぱい入れますと冷風の
吹き出し口を塞ぎ、それで冷えないので
コンプレッサーは冷やそうとして24時間
稼働し、電気代は高くなり、無理をします
から故障も早く来ます。なにより冷やす
能力以上に詰めすぎると、
冷えない、電気代が高くなり、早く故障を招く
このマイナス三拍子となりますので前回同様
一度収納物を出し、電源を切ってドアを開けて
冷風吹き出し口ファンなどを解凍してください
それで駄目でしたら永年無理をさせてせいで
コンプレッサーが焼けてしまったのかも知れ
ません。24時間回りっ放しにすると必ずそう
なります。」






この様に前回同様のご説明をさせて頂き

ましたが、コンプレッサーの修理は高いので

大事に使ってやって欲しいと思います。



弊店は沖縄及び離島を除き、北海道も含め

まして重量物でも、大きな商品でも送料は

弊店負担でお届けしております。



勿論新品のメーカー保証に加え、心臓部の

コンプレッサーは三年間の保証付きです。


サービスやメンテは何時までも安心して

メーカーや弊店にお任せ下さい。



弊店は昔から律儀なお取引と、何時までも

信頼を持ってのお付き合いを望んでおります。







※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
責任者 今石 信太郎
090-1900-2973
〒 603-8303
京都府京都市北区紫野十二坊町 8-8
TEL 075(417)2714
FAX 075(417)2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL   : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※












同じカテゴリー(厨房機器の話)の記事画像
京都の観光地への台下冷凍冷蔵庫
清水寺近くへの台下冷凍冷蔵庫
厨房屋オヤジのお得意様は・・
精肉店様への恒温高湿台下冷蔵庫
広島への業務用2ドア冷凍庫
商店街への大型冷凍ストッカー
同じカテゴリー(厨房機器の話)の記事
 京都の観光地への台下冷凍冷蔵庫 (2017-12-15 21:32)
 清水寺近くへの台下冷凍冷蔵庫 (2017-12-15 09:54)
 厨房屋オヤジのお得意様は・・ (2017-12-14 21:18)
 精肉店様への恒温高湿台下冷蔵庫 (2017-12-14 09:32)
 広島への業務用2ドア冷凍庫 (2017-12-13 10:22)
 商店街への大型冷凍ストッカー (2017-12-12 22:03)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。