京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
旅の途中
旅の途中
京都紫野で厨房機器屋を営んでいるオヤジです。
鉄砲撃ちや読書にお酒を愛する、まだまだ旅の途中のとっちゃんぼうやです。
ブログで好きなことを言うておりますが、読んでいただきありがとうございます。。。
< 2009年12>
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2009年12月25日

私のブログ


私がブログを始めようと思いました時に、

知人曰く、

「人に見て貰おうとすれば、あまり長い文章は駄目ですよ」 と

アドバイスを頂きました。




アントニオ古賀では有りません、35年ほど前の小生です。
当時の我が訓練中のルーキーの生後11ヶ月サビーですが、
胴長で長距離タイプのポインターでした。
望まれて、関東の方へ競技会出場の為に送りましたが、
雉には滅法強いボーイでした。



しかし、頭が回らないのか歳のせいか何時もダラダラと

起承転結など無視で、恥ずかしい思いをしておりますが、


「今日は体力がないから、長い手紙を書くか」

などと、昔にバーナード・ショウが言っていた事を思い出して

「なるほどな!」

と思ってしまいます。


頭脳が明晰で有ったり、体調が良い時などは

「一筆啓上」 の調子で、何事も短文で全てを述べられますが

小生などは表現力でも、体力的にも駄目です。



昔に、石川啄木が長い手紙をよく書いたのは有名ですが、

病弱に加え、短歌で体力や気力を奪われていたのでしょうね。



今日あたりからもう少し、メリハリの効いた人生を昔の様に

歩んで見ましょうか?


アッ! やっぱり


来年からと言う事で・・・















※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















  


Posted by 旅の途中 at 21:02Comments(0)旅の途中

2009年12月25日

一瀉千里の上汗


前回からの続きで、鳥猟犬の

バードワークにつきまして書いて見ますが、

鳥猟犬と申しましても

猟野に潜んでいる鳥を探す、探索犬と

探索犬が突き止めた鳥を撃った後に回収します


回収犬が有りますが、私が何時も書いておりますのは

ラブラドールやスプリンガ・ースパニエルなどの回収犬ではなく
(スプリンガーなどは捜索もしますが、ポインターやセターには
一歩も二歩も遅れますので回収犬として使役する方が良いです。
スプリンガーファンには怒られるかも知れませんが、回収も
ポインターやセターの方が早くて正確です)


ポインターやセターなどの探索犬の事です。




30年ほど前に在舎しておりました 「リー」 ですが、
中々の頑固者で、生後約1年くらいのワンショットです。
毎日ヤードロープを装着して訓練しますがなんのその、
飛ぶ様に視界から消えて行きます。



風を使い、鼻の位置は高く(高い方が遠方の臭いが採れます)

鳥臭を採れば速やかに、鳥が飛び立ってしまうギリギリまで近寄り

微動だにしなく、ハイヘッド、ハイテールスタイルで止まる、

この動作をポイントと言いまして、ポインターの語源です。



この一連のワーキングを、スピーディーに美しく、見る人を

感動せしめるくらいにやってのけますのが訓練された犬です。

ここまでになりますのは、オーナーの弛まぬ努力と

トレーナーの情熱が有ってこそで、素質の良い犬が訓練と経験を

沢山積み込まれてこその結果です。



ただ飼っているだけの猟犬でも、よくよく猟に連れ出せば

鳥くらいは探索している様ですが、見せ場が有りません。

最初から終いまでダラダラとメリハリもなにも有りませんので

美しさどころか、そこには何の感動も喜びも有りません。

ただ、鳥を出しましたから撃つだけです。



ポインターやセターとしての形では生まれてますが、

可哀想に、スタンダードなポインターやセターにはなっておりません。

鳥猟犬には程遠いものとなります。


訓練には大変な時間とエネルギーを使いますので

鳥猟犬を飼うのは余程の覚悟がなければ可哀想です。

ゆめゆめ思い立って飼うことだけは避けて欲しいものです。


自分にも、犬の為にもです・・・














※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)鉄砲撃ちの話