京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2009年12月25日

私のブログ


私がブログを始めようと思いました時に、

知人曰く、

「人に見て貰おうとすれば、あまり長い文章は駄目ですよ」 と

アドバイスを頂きました。




アントニオ古賀では有りません、35年ほど前の小生です。
当時の我が訓練中のルーキーの生後11ヶ月サビーですが、
胴長で長距離タイプのポインターでした。
望まれて、関東の方へ競技会出場の為に送りましたが、
雉には滅法強いボーイでした。



しかし、頭が回らないのか歳のせいか何時もダラダラと

起承転結など無視で、恥ずかしい思いをしておりますが、


「今日は体力がないから、長い手紙を書くか」

などと、昔にバーナード・ショウが言っていた事を思い出して

「なるほどな!」

と思ってしまいます。


頭脳が明晰で有ったり、体調が良い時などは

「一筆啓上」 の調子で、何事も短文で全てを述べられますが

小生などは表現力でも、体力的にも駄目です。



昔に、石川啄木が長い手紙をよく書いたのは有名ですが、

病弱に加え、短歌で体力や気力を奪われていたのでしょうね。



今日あたりからもう少し、メリハリの効いた人生を昔の様に

歩んで見ましょうか?


アッ! やっぱり


来年からと言う事で・・・















※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















  


Posted by 旅の途中 at 21:02Comments(0)旅の途中

2009年12月25日

一瀉千里の上汗


前回からの続きで、鳥猟犬の

バードワークにつきまして書いて見ますが、

鳥猟犬と申しましても

猟野に潜んでいる鳥を探す、探索犬と

探索犬が突き止めた鳥を撃った後に回収します


回収犬が有りますが、私が何時も書いておりますのは

ラブラドールやスプリンガ・ースパニエルなどの回収犬ではなく
(スプリンガーなどは捜索もしますが、ポインターやセターには
一歩も二歩も遅れますので回収犬として使役する方が良いです。
スプリンガーファンには怒られるかも知れませんが、回収も
ポインターやセターの方が早くて正確です)


ポインターやセターなどの探索犬の事です。




30年ほど前に在舎しておりました 「リー」 ですが、
中々の頑固者で、生後約1年くらいのワンショットです。
毎日ヤードロープを装着して訓練しますがなんのその、
飛ぶ様に視界から消えて行きます。



風を使い、鼻の位置は高く(高い方が遠方の臭いが採れます)

鳥臭を採れば速やかに、鳥が飛び立ってしまうギリギリまで近寄り

微動だにしなく、ハイヘッド、ハイテールスタイルで止まる、

この動作をポイントと言いまして、ポインターの語源です。



この一連のワーキングを、スピーディーに美しく、見る人を

感動せしめるくらいにやってのけますのが訓練された犬です。

ここまでになりますのは、オーナーの弛まぬ努力と

トレーナーの情熱が有ってこそで、素質の良い犬が訓練と経験を

沢山積み込まれてこその結果です。



ただ飼っているだけの猟犬でも、よくよく猟に連れ出せば

鳥くらいは探索している様ですが、見せ場が有りません。

最初から終いまでダラダラとメリハリもなにも有りませんので

美しさどころか、そこには何の感動も喜びも有りません。

ただ、鳥を出しましたから撃つだけです。



ポインターやセターとしての形では生まれてますが、

可哀想に、スタンダードなポインターやセターにはなっておりません。

鳥猟犬には程遠いものとなります。


訓練には大変な時間とエネルギーを使いますので

鳥猟犬を飼うのは余程の覚悟がなければ可哀想です。

ゆめゆめ思い立って飼うことだけは避けて欲しいものです。


自分にも、犬の為にもです・・・














※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)鉄砲撃ちの話

2009年12月24日

猟犬


鳥猟犬に求められるものは

強烈な猟欲と気力と、勇気に従順さです。

それを兼ね備えた者が猟野を駆け巡る訳ですが、

ここでまた必要な事が二つ有ります。





こんなに可愛い、生後二ヶ月半の子犬がすでに
目を使ってポイントしておりますが、鳥に強い犬としての生涯でした。
今治市のT犬舎にて、米系ポインター牡のワンショットです。



グランド・ワークとバード・ワークです。

風下から臭いを求めて広い範囲を、スピード豊かに一歩も後ろに

下がる事なく前へ狩り込み、猟欲の強さや自主性のセンスを見せます。



そしてオーナーの呼びや指示にはすぐに反応しまして従順さを

アピールすると同時にハンドリング・レスポンスの良さをアピールします。

車のハンドルの様に、思った所を狩らす事が出来る証です。


以上がグランドワークですが、

何故、一歩でも後ろに下がるとバック、キャストを踏んだと言って

減点対象になるかと申しますと、

一回狩った所には鳥の臭いは無かった筈で、また戻って狩るのは

無駄な事で有って、第一見っとも無いと言う事なのです。



持って生まれました良い素質と訓練とで良い鳥猟犬は

仕上がって参りますが、次回はバード・ワークに付きまして



一筆啓上!















※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















  


Posted by 旅の途中 at 21:02Comments(0)鉄砲撃ちの話

2009年12月24日

スライド扉台下冷蔵庫


メインの厨房がなく、カウンターの裏だけで

調理をされます場合は、中々奥行きの有る冷蔵庫を


設置する事が叶いません。

この様な場所にはよく、スライド扉の台下冷蔵庫が活躍します。




幅1500×奥行き600×高さ800(mm)
単相100Vで329リッター(3相200V仕様も御座います)
商品名は星崎テーブル形冷蔵庫(スライド扉)
RT-150SNE-S



ドアを開く幅も必要有りませんので足元がスッキリします。

幅は1500・1800・2100(mm)と有りまして、

奥行きは600・750(mm)となって、2ドアや3ドアタイプが

ラインナップされておりますが、
すべて受注生産品ですから

たまに在庫がなく、一週間ほど納期待ちになる事も有ります。

ドアはフッ素プレコートステンレス鋼板で丈夫さは抜群です。



来年は1台如何ですか?











※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)厨房機器の話

2009年12月23日

栴檀は双葉より芳し


一人の狩猟家としましては、これまでに

猟友の愛犬も含め、たくさんの猟犬の一生を

見つめて参りましたが、


やはり良い血統のもとに繁殖された子犬が

良いオーナーの元で、正式なトレーニングや経験を積んで

可愛がられて、立派な猟犬に育つものと思います。




愛媛県は今治市で生まれた米系ポインターの子犬です
通常は50日までに引き取りますが、犬の為に生後120日まで
預かって頂きました。生後60日で、草むらで目でポイント
しておりますが、可愛いものです。



でも一番大事な事は、その子犬が持って生まれた素質で

ある事は言うまでも有りません。



良い素質を持って生まれ、立派なオーナーに育てられ

正式なレッスンや経験をトレーナに授かり、大事に飼育されると

言うのは簡単です。




二年半経ちまして、こんなに大きくなりました。
鳥に強い、明るい性格のポインターでした。



しかし 「ワン・オブ・ワンサウザント」 と我々はよく申しますが、

本当に恵まれた犬は 「千に一つ」 なのです。

これにはきっと、人事で計れない天の運も有るのでしょうね・・・



親とは早く死別しました小生も、どこかで一人の師とでも

お会いしていたら、もっと違う人生が有ったのでしょうか?


今の愛すべき人生以外に・・・















※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※






















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)鉄砲撃ちの話

2009年12月22日

江戸っ子


年末になりますと、今年の色々なお客様の事が

思い出されます。


東京の提灯屋の息子さんで、ご夫人は生粋の京都人、

奥様のご実家の近所で関東煮のお店を出されました。




小さなお店の関東煮
江戸っ子気質で頑張って下さい
不肖、私もついてます。



奥様のご母堂がご主人をなくされまして後、永く一人で

お暮らしでしたが体を壊されて、心配のあまりに奥様が

京都に帰って暮らしたいと、ご主人を連れての里帰りです。



厨房機器の搬入日に、ご主人にお尋ねしました。

「ご経験は長いのですか」

「いや、初めてですが、関東炊きを急遽覚えて京都に来ましたが、
教えてくれたのはおふくろです」


「京都と東京ではお味も気風も違いますね?」

「私は下町育ちで調子が良くて、明るいだけが取り柄ですが、
人が喜ぶ事や、人助けが大好きな江戸っ子です。
何とかこちらで頑張って、カミさんの母を看てやりたいのです」


最近は歳のせいか、こんな話を聞かされますと

ところ構わずピューピューと流れるのです。


どんな所でも浮かぶ瀬は有ります。


頑張って下さい!














※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)厨房機器の話

2009年12月21日

狩猟文化


毎日が本格的に寒くなって参りましたが

また明後日には北陸への狩猟行です。

しかし毎年の事ながら、永年通いました良い猟場に

いきなり家が建っている事が有りまして、

そうなれば大きな音のするショット・ガンなどは鳴らせません。





また家が建ちました。開放されております猟場ですから
何の問題も有りませんが、気になる方がいらっしゃるなら
何時も引き上げております。それも狩猟家としての
たしなみと心得てはおりますが、釈然とはしておりません。
日本はやはり良し悪しは別としまして銃の文化が
無いのでしょうね。



家の周りで猟犬を放して、鉄砲を担いで歩いているだけで

警察へ電話をされます。


駆け付けた警察官も慣れたもので、


「あんたらも遠い所から来て、悪い事はしてないのに大変だな~
いや、わしも電話が有ると来なくてはいけないので走ってるが、
そこは昔から狩猟場として都道府県の許可が出ている地区ですよと
説明しても、家の周りを鉄砲撃ちが歩いているだけで困ると
言うんですな~。家が一軒しかない所で、何も持ってない人間が
ウロウロしている方が怖いですよと言ってるんだがね~」



ゴルフ場の真ん中に家は建てられませんが、

私有地で、建築に問題がなければ住まいも可能でしょう。

しかしそこは昔から野生動物が沢山生活をしており、

古くから狩猟人が獲物を追っていたのです。



そこにいきなり住まいをされて、もう自分達がいるから

「鉄砲を持って歩くな」 とは

少々お住まいの場所を選んで頂きたいと考えますのは

暴論かも知れませんが、


少しエゴな事を言っているとの自覚も持って頂きたいと

小生はこのところ


愚痴ッているので有ります・・・














※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




















  


Posted by 旅の途中 at 21:02Comments(0)鉄砲撃ちの話

2009年12月21日

最終出荷


本年はまだ21日ですが、

メーカーに拠りましては今日が、年内中に納品できます

最後の発注日です。















今年も色々な商品をたくさんの飲食店様に納めて参りましたが、

毎年の事ながら、今から正月明けまでが一番緊張し、

気を揉む期間です。


不思議なもので、弊店やメーカー出荷部やサービス部門が

休みの際には結構お急ぎの商品発注やサービス依頼が

有るものなのです。













私一人でもバタバタすれば何とかなりますものでもなく、

ユーザー様と一緒になって、年明けの発注日を

心待ちにする事が御座いますが、これも昔からの厨房屋の

例年行司の様なものです。



本年度に納入させて頂きましたお客様には

この場でも申し上げますが、


有難う御座いました。









※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※






















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)厨房機器の話

2009年12月20日

恒温高湿庫


今回は、来年に入用の恒温高湿庫を

お見積りさせて頂きましたが、大変繁盛しておられるお店で、

一々ラップして冷蔵庫に入れたり、出した際にラップを剥がす

時間的な余裕が無いので恒温高湿庫にしたいとのご希望です。





大変便利な商品です。従業員様お一人分の働きは充分
致しますが、商品名は星崎タテ型6ドア恒温高湿冷凍冷蔵庫
HCF-180XF-ML



台下タイプやタテ型タイプも有りまして、サイズも色々ですが、

既存商品の入れ替えも伴い、タテ型の6枚扉の

冷凍冷蔵仕様でのお見積もりです。



幅1800×奥行き800×高さ1890(mm)で1425リッター

冷蔵室は庫内棚無しのワイドスルー仕様で、大きな物も


楽々収納です。


単相100Vタイプと3相200Vタイプが有りまして

単相100V仕様は従来機種の約30%省エネですから

電気代のために3相200Vを選んで頂く必要もなくなりました。



作業に余裕が出来まして、調理に専念できますから

やっぱり便利な商品です。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)厨房機器の話

2009年12月19日

私のクリスマス


クリスマスですね~

チョコチョコと、そこら辺りに飲みに行っておりますと、


結構お誘いが有りまして、
(勿論、言うまでも有りませんが、個人的ではなく、お店の客としてです)

さあ! 「何処にいこうかな?」 くらいがよい歳をしての

毎年のクリスマスの楽しみです。


犬好きのママがいらっしゃるお店が有りまして、

勿論愛玩犬ばかりですが、可愛い写真が沢山飾って有ります。


お客さんの愛犬の写真も多く、結構な犬好きの集まるお店ですが、

これも上手なご商売の仕方かも知れません。




私の大好きな猟犬の写真も壁の隅っこに品良く
飾って貰ってます。犬種を知らない方もいらっしゃいますが
説明もしてはおりません。 「タウンダウン・クロムウェル」
汝は全日本狩猟倶楽部1974年度チャンピオンなりきや・・



ご多分に漏れず、小生の好きな写真も壁の隅っこに

飾って頂きましたので、今年はここに行こうかな?



なんて、すでにノボせております。


クリスマスの正装ではなく、

一回ぶっ飛んだ格好で参りましょうか?

スカジャンにヨコスカマンボの裾は17cm

軟式テニス用オフィシャルシューズでサングラスは

レイバンのウエイ・ファーラーの鼈甲。

グラスはグリーンかブルーのどちらにしようかな?



頭は散髪に行って、ハーフロング・ネイビーと

洒落込んで見ましょうかァ~

どなたか、キャロル・シェルビーのフォードコブラ427/SCでも

転がしてくれませんか?



まっ、これくらいでしたら店内出入り禁止の一歩手前で


勘弁してもらえそう・・・・・







※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※






















  


Posted by 旅の途中 at 09:02Comments(0)よもやま話