京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2010年04月30日

宮本武蔵


昨日も、毎日読んでおります地方紙に

12年前に民主党を立ち上げられた細川護煕さんの

記事が掲載されておりました。



唐突に首相を引退されましたが、小沢氏との確執が

有ったとは誰しもが知っているところでは有りますが、



現在は祖父の護立氏が1950年に設立された

「永青文庫」の理事長を務めておられるそうです。



細川家の文物収蔵コレクションは膨大なものとは

小生の様な野人でもよく存じ上げておるところですが


宮本武蔵

ウーン、ムニャムニャ・・
そう言えば、宮本武蔵は拙宅の近所の十二坊寺でも
吉岡一門と決闘をして、相手の大将を斬ってから
玄琢の光悦村まで走って逃げたと聞いておるぞ・・
少々坂道だけどなァ



氏のお話では、かの剣豪宮本武蔵はご先祖の忠利公に

仕えておりまして、かの巌流島での佐々木小次郎との決闘は

門司城代の沼田延元たる人物が克明な記録を残し、

それによりますと、武蔵が立ち去った後に門弟が

現場に参りますと、小次郎が息を吹き返した。



復習をされたら大変と、門弟達がとどめを刺したと記されている。


徳川の265年間、担当者が欠かさずに日記をつけている。

この様な事を書いておられました。

面白いですね~

司馬遼太郎さんもよくおこしになって面白がってらした

との事らしいですが、

いやあ~、これが本当の史実だとしたら

本当に興味が有りますね。



しかし、この門弟達は誰の門弟なのでしょうね?

話の流れでいくと武蔵の門弟なのでしょうか?


それとも門司城代の・・・

この辺りを一生懸命に考えますのも

歴史のロマンですね~









※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※























上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。