京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2009年08月27日

純情な?パンは何処に・・


来週に大津市に納入しますベーカリーデッキオーブンです。

昔からの京都のお得意様のパン屋さんから独立されて

頑張って ご自分と奥さんとで開業なされます。



お若い頃から出入りしておりますのでよく存じておりましたが、

無駄口無しのガンバルマン でした。

聞けば、幼少からご苦労なされ、ご主人も人一倍気にかけて

パン屋として育てたとの事でしたが、


純情な?パンは何処に・・

ベーカリーデッキオーブン、3相200V
幅1680×奥行き1655×高さ2090(mm)
横6枚差×6段(計24枚)。サイズは色々有ります。




大将曰く、
「こいつは思わん純情な男で、何の心配もいらん奴やったわ~」

「思わん」ちゅーのはそら違いまっせ大将、
「純情」ちゅーのは当たり前ですがな、
大将の考えたはる純情と言うのはおとなしい {深窓の令嬢} とか
何も苦労を知らない {良い育ちのお坊ッちゃん} の事を純情と
思ったはるのと違いますか?

「そうやな、我々みたいに生きて行く事が必死な連中とはちょっと
違う、苦労無しの真面目な人は純情なんちゃうか?」


それは大将、ただの世間知らずですがな、 純情とは程遠いでっせ。
純情とはこの若い人の様に、自分の責任でも何でもないのに、
生きて行くのに苦労しはって・・・

その為には自分ではやりとない事もやって、人に対しても言いとない事も
言うて大きなって来はった筈や・・・ 生きて行く為や。

そんな人が、もうこんな事は人にしたくない! こんな事も今後は
絶対に人に対して言いたくない! と誓う心、そう思って生きる
心が純情なんでっせ!

ドブの水を吸って生きて来た人、血の小便をして苦労して来はった人、
そんな中に純情な人が僅かにい居はる。

それ以外に純情な人なんて見た事もおへんわ。

「何やな、えらい気張って講釈言うてくれはるけど、アンタも
純情なんかいな?」


ワシも人並みの苦労はさせて貰うてますけど、心がアカンかったし
純情にはなれまへんでしたな。

「何や、オレと一緒かァ~  アカンがな!」

何時もパン屋の大将とはこんな調子ですが、今度独立される若い

ご夫婦には

純情なパンを焼いてくれーッ  と 

オッチャンは 心で叫ぶのです。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※






















上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。