京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2009年09月13日

地元のハンターさん


10年ほど前からの約束が、中々果たせないでおります。

芦原温泉の近くで、当日は雪が深かった為に雉猟を止めて

鴨でも狙うか・・・  と言う事になりまして雪中狩猟をしておりますと

ご当地のハンターさんと出会いました


地元のハンターさん

やはり地元のハンターさんは防寒もしっかりされ、
小生などは平場の雉撃ちスタイルで寒いです。



なんと! ご婦人で、同じように鴨を狩ってらっしゃるとの事でした。


おまけに左利きですから銃も左用です。
(右利き用は右から薬莢が排出されますので、左で構えますと
右耳近くになりまして、鼓膜が破れる恐れが有ります。その為に
左用は左からポンポンと空薬莢が排出されるのです)


手短なご挨拶の後で、お話を伺いますと、


「鴨を獲って蕎麦に入れるんですよ。 私は蕎麦屋をしてまして、
鴨をよく使いますが、合鴨では駄目で、やはり青首(マガモ)か
カルガモでなければ美味しくないんですよ。 
でも、合鴨を使ってる蕎麦屋が多いです」



「へ~え! それで、ご自分で撃たれるのですか?」


「はい、父もやっておりましたから。 本鴨は買ってくると高いので、
自分で獲ってます。 よくフランスあたりでは狩猟で獲った獲物の
料理は何とか言って・・、あら、忘れちゃったけど高いんですよ。 
でもうちの蕎麦は美味しくて安いので一度おこし下さい」


こんな調子でお別れしましたが、獲っておりました二羽の鴨を

差し上げました。


あれから10年も経ちましたが一度も伺えないでおります。

近所まではよく猟で参りますし、失念している訳でもないのですが、

やはり私は蕎麦よりもうどん派だからでしょうか?

蕎麦よりも、チュルチュル食べるうどんが好きです。


フーフーしてェ~





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※























上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。