京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2009年10月05日

日本の雉、その②


ポインターやセターは雉を見ると言う事無く、鼻を使い、

臭いを捕るわけですから隠れていても発見するのです。


ですから目を使う猟犬は、経験不足の若犬か、もしくは

素質に劣る犬ですが、経験も積んで素質も有り、一人前に

なった猟犬の場合は猟場のロケーションを見て、雉が居る

方向に(ブッシュとか)鼻を使いながら狩りこみます



日本の雉、その②

ガッチリと止まっておりますが、その先に
野生雉が潜んでおります。勿論私共も、
猟犬にもその姿は見えません。



雉は自分がうまく隠れて、相手には見えない、気付かれないと

思っておりますから、近くまで猟犬が迫って来ても逃げません。

そこで臭いを捕った猟犬が雉から2メートルほど前で立ち止まります。

猟犬はそのまま動きません。


これをポイントと言いますが、ポインターの由来です

セターの場合はセットと言います。

ガッチリとポイントされているにもかかわらず、雉は見つかって

いるとは知りません。

そこで合図を出しまして猟犬を突っ込ませます。

猟犬も人間と一緒で、雉が何処にいるかは見えませんが、

主命により突っ込むのです。


そこで驚いた雉がフラッシュ(飛び立つ)します。

それを撃つ訳です。

走って逃げれば犬より速く、飛び立てば中々のスピードです。

「初矢で外せば二の矢を放ち、それで外せばあとはその鳥の
生涯を祈ってやる」


これがハンターと猟犬の、雉猟に対するたしなみです。





※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




















上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。