京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2009年10月12日

アメリカの猟犬・・・


鳥猟犬の中でもとりわけ猟欲の強い米系の

ポインターやセターは、猟場ではオーナーとのレスポンス(連絡)を

よく切らせてしまいますが、それは犬には自覚の無い事です



アメリカの猟犬・・・

そこそこの猟犬でしたら目の前のブッシュを
手際よく狩ってくれますが、猟欲の強い米系ポインター
などは、時すでにその遥か向こうを狩っております。
この気力の強さには惚れますが、使いこなすのは
相当の訓練と経験が必要です。



米国の猟場は平原でダダッ広く、狩っている犬が見える様では

その犬のレンジ(捜索範囲)が狭く見えまして、猟欲や気力が

弱い犬になります。



その為に広大なレンジをスピード豊かに狩る犬が良いと

されておりますが、そのままのスタイルで米系ポインターなどを

日本で使役しますとすぐに見失う訳です。



日本は猟場のほとんどが山か、起伏の多いフィールドですから

ものの50~100メートル離れますと犬が見えません。



しかしその犬はセルフハンテイング(勝手猟)をしているのでは無く、

ガンガンと狩っているのです。

中々それが理解出来ないハンターがまだまだ多いようです。






※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





















上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。