京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2009年10月14日

雨の日の猟犬


前回には、雨の日は歩かないと書きましたが、鴨猟はします。 

ただ鴨撃ちの場合は歩きません。

歩いているとその気配で逃げられます。


雨の日の猟犬

雨の日は、「世のしがらみ浮世の付き合い」か、
もしくは、「雉も鳴かずば撃たれはすまい、親父長柄の人柱」か、
う~ゥ~ン難しいなァ、こりゃァ~



雉猟の場合は、雨では臭いが採りにくいは前回通りで、

猟犬の体力の消耗に加えて犬が荒れます。

鼻位置が低くなったり、立ち止まったりという良い事無しです。

中々鳥臭が無い場合はさすがにこなれた猟犬でも

いやになるのです。



諸々の理由で雨の日の雉猟は良しとしませんが、

競技会に参加している場合などは、当日が雨の場合を想定して

訓練だけはしておりますが、訓練だけです。



元々スポーツシューティングとしては雨の日まで出猟はしないと

亡くなられた先輩たちに聞いておりますが、


当時のハンター方は結構な人が多く、

「雨が降れば翌日にしよう、止まずばまた翌日で良いよ
どうせ毎日遊んでいるんだから」


こんな調子だったので、犬にも良かったですが、

例えば、

「雨が降ろうが槍が降ろうが、この日にしか行けないなんて!
そんなゴルフはよせよ!」


私はゴルフはたしなみませんが、こんな事をおっしゃる

ベテランはおられるのでしょか?

はたまた、ゴルフは雨が降ったら中止なのでしょうか?

両方とも、行くのが目的ではなく、

楽しむのが目的と心得ます。








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。