京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2009年11月02日

半矢(手負い)の鴨


鴨は水鳥ですから池や河川、海で遊んでおります。

狩猟で撃たれても手負いになりますと、中々矢に強く、

泳いだり潜ったりして回収が大変です。



半矢(手負い)の鴨

あの水辺に落ちましたな、犬をかけましょうか?
「すぐに浮いて流れるでしょうから待って見ましょう」
後ろからルーキーが覗き込んでおります。



傷ついた鴨はうまく潜って身を隠す事が出来ずに

すぐに浮いてしまいます。

浮くとまた矢を浴びるか、猟犬に回収されます。




昔の狩猟の本には傷ついた鴨は、潜って水底の水草を咥え、

浮かないようにこらえてますが、そのまま死んでしまうのも多いと

書いて有りました。



それを読んだ御仁か、人から聞いた方が、さも自分が見たように

話されますが、まずその様な事はないものと心得ます。



雁が海を渡る時に咥えて飛ぶ板切れの話しの様なもので、

折角海を渡って来て死んでしまうものへの哀愁の念が

その様な逸話を生むのでしょうね。



しかし、その様な事を考えておりますと、

猟の先輩の訓示としてよく言われましたが、

「鴨が飛んでいるのを撃つ際は、高度を見て無駄弾は鳴らすな!
鴨の目ン玉が見えるくらいなら丁度良いから撃て。
編隊で飛んでいたら散らない様に後ろの奴から撃てよ!」


なるほどとは思いますが、最近になって可哀想な気もしますのは


少しだけ歳をとったのでしょうか?












※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
























上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。