京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
旅の途中
旅の途中
京都紫野で厨房機器屋を営んでいるオヤジです。
鉄砲撃ちや読書にお酒を愛する、まだまだ旅の途中のとっちゃんぼうやです。
ブログで好きなことを言うておりますが、読んでいただきありがとうございます。。。
< 2019年07月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2009年11月06日

ネタケース

寿司屋さんや居酒屋さんでお馴染みの

ネタケースですが、

関東では のぞき と言います。


粋ですねぇ~


ネタケース

定価286,650円、 弊店販価128,992円
製造工場直送で、消費税も送料も込みです。



今日はどんなネタが有るのでしょうね?

ずわいカニの解禁はまだですし、


「あれ、何時もの鮑やサザエと違って、この赤い魚は何?」

「雲丹のこっちはあん肝かい?」


こんな調子でお客様が覗かれて楽しまれるのでのぞきです。


写真の商品は、幅1200×奥行き345×高さ280(mm)で

単相100Vの42リッター、


星崎ネタケース商品名はHNC-120A-R

他のサイズでは、幅900や1500、1800に2100(mm)と

ラインナップされております。



また、収納食品が乾燥しないように恒温高湿仕様も御座います。

ネタが活き活き見えて


ディスプレー効果も抜群です!








※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
  京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL  075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
























同じカテゴリー(厨房機器の話)の記事画像
厨房屋のオヤジの祇園祭
便利なワンドア台下冷凍庫
食堂様への冷凍冷蔵庫
暑くなる前は・・
青森への台下冷凍冷蔵庫
元気で頑張っております・・
同じカテゴリー(厨房機器の話)の記事
 厨房屋のオヤジの祇園祭 (2019-07-18 09:33)
 便利なワンドア台下冷凍庫 (2019-07-16 08:44)
 食堂様への冷凍冷蔵庫 (2019-07-15 09:47)
 暑くなる前は・・ (2019-07-14 09:32)
 青森への台下冷凍冷蔵庫 (2019-07-13 09:07)
 元気で頑張っております・・ (2019-07-12 10:21)

この記事へのコメント
こんにちは。
ネタケース、「のぞき」っていうんですね。初めて知りました。

恒温高湿仕様って、すごいですね!乾いてカラカラになってないほうが、おいしく食べることができますよね。
Posted by サラサ at 2009年11月15日 13:31
はい、そうです。

決して変な言葉の意味ではなく、

望遠鏡をのぞく、趣味の合うHPを覗く

好きな飲み屋を久し振りに覗いて見る様な、

とても楽しい行動や行為で、相手も喜ぶ様な

事ですが、希望かも知れませんね。


「アンタの心をのぞかせて~」

と、言う様なところでしょうか?


厨房機器は変な呼び名の商品が多いです。

上開き扉の冷凍ストッカーなどは

「かんおけ」 と呼びますが、何故でしょうね


形だけでも無い様な気もしますが、

長細いタイプのものはやはりそのままの

形ですから、やはり見た目なのでしょうか?


ちなみに冷酒を入れて出す、ガラス製の

カラフェにも呼び名が御座いますが、

これはここで申し上げる訳には参りません。


有難う御座いました。
Posted by 旅の途中 at 2009年11月15日 22:31
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。