京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


プロフィール
旅の途中
旅の途中
京都紫野で厨房機器屋を営んでいるオヤジです。
鉄砲撃ちや読書にお酒を愛する、まだまだ旅の途中のとっちゃんぼうやです。
ブログで好きなことを言うておりますが、読んでいただきありがとうございます。。。
< 2019年07月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
インフォメーション
【京つうからのお知らせ】

2009年12月30日

猫又


(前回の続きになります)

昨日に北陸の狩猟行から帰宅しましたところ、開口一番カミさんが

「Tさんの猫が死んだんだって・・・」

「エエッ!跳ねられでもしたのか! 最近はヨボヨボとしとったぞ」

「そうではなくて、調子を崩していたらしく、二週間ほど前に死んだそう。
今日に奥さんが町内の事で来られて、猫が付いて来てないから
尋ねたら、泣きながら話して下さったけど、私と二人で30分ほど
泣きっ放しだった」


「そうか、やっぱり調子が悪かったんだ」


猫又


ボスにやられてショゲている訳では有りません。
大嫌いな散髪と風呂に入れられまして怒っております。
チンチラ、シルバーはすぐに毛玉が出来るのです。



カミさんの話を聞きますと、Tさんの奥さんが椅子に座って

朝一番の紅茶を飲んでおられたところ、足元にニャーと

まつわり付いてきたらしく、もうその時分では膝に飛び乗る

元気も無かったらしいです。



抱き上げて膝に乗せますと、嬉しそうに「ニャー」と言って

すぐに丸くなって30分ほど寝ておりましたら、二度ほど足を突っ張り

またスヤスヤと眠ってしまった様子だったが、

そのまま息を引き取ったとの事でした。


その日は、そのまま朝から暗くなるまで膝で抱いてやり、

翌日に息子さんに電話して、庭に穴を掘って貰って

埋葬されました。



そんな話を聞いておりますと私もすぐに泣くのです。

我が家のブーちゃんがニャーニャーとまつわり付いて甘えますが、


「お前は絶対に猫又になれよ!」


なんて言ってしまうのです。

ボスヨ、マタドコカデウマレタラ、スグニオクサンノ

ヒザニカエッテクルンダゾ・・・












※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
〒 603-8303
京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075-417-2714
FAX 075-417-2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
























同じカテゴリー(居候猫)の記事画像
赤ちゃん返り・・
38歳猫の話
38歳の猫
の、ノ、蚤が・・・
毛玉をチョキチョキ!
三年経てば子も三つ
同じカテゴリー(居候猫)の記事
 赤ちゃん返り・・ (2010-07-13 21:00)
 38歳猫の話 (2009-12-30 09:02)
 38歳の猫 (2009-12-29 21:02)
 の、ノ、蚤が・・・ (2009-08-13 13:02)
 毛玉をチョキチョキ! (2009-08-02 00:02)
 三年経てば子も三つ (2009-06-21 23:29)

Posted by 旅の途中 at 21:02│Comments(0)居候猫
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。