京つう

  ショップ  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2014年01月03日

厨房屋のオヤジと猟、その二


 「雨が降ったり、猟場のロケーションが雪の
場合などは家で愛狗の頭を撫でながら
愛銃の手入れをし、旨いコーヒーを飲んで
読書でもしている様に・・」



「雉も雨に濡れるのが嫌でジッとしているから
臭いが摂れないので愛狗の猟芸が荒れる。
また、よく訓練された狗と、野生雉の五分五分の
勝負が出来ないのでフェアーじゃない・・」



小生の師匠は何時もこの様な調子ですから

一般にはよく誤解された方で、何を偉そうに


言ってるんだなどと非難もされましたが、

言葉が足らなかっただけで人間としても、


男同士の信頼もおける人物でした。


厨房屋のオヤジと猟、その二
 「スケールの小さい男になってはいけません。
それは狩猟家には似合わない事です」

師匠の言葉ですが、残念ながら小生には
難しかった様です・・




頑張って、頑張って仕事をして、狗や自分の

コンディションさえ良ければ青い空の下で


何時でも出猟出来る様な人間になれ!

この様な哲学だったのでしょう



父とは早くに死に別れておりました自分には

中々のインパクトでした。







※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
京都紫野厨器特販
代表 今石 信太郎
090-1900-2973
〒 603-8303
京都府京都市北区紫野十二坊町 8-31
TEL 075(417)2714
FAX 075(417)2715
E-mail : kokoro@murasakinotyuuki.com
URL   : http://www.murasakinotyuuki.com
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。